2011年2月15日 (火)

GOLD FISH

金魚(GOLD FISH)

フナの変異種(突然変異種ヒブナ)。交配を重ねていった結果生まれた鑑賞魚。

日本には室町時代に中国から伝来したそうです。

金魚の鑑賞は上から見るのが基本で、上から鑑賞する事を「上見(うわみ)」と言うそうです。上から見た時にいかに美しいかを考えて改良されてきたそうです。

金魚(上見)Original

現代では、横から見る事の出来る水槽が一般的で本来の金魚の上見の美を意識する事はあまりありません。

私は上見という言葉を知ってから金魚の見方を意識する事が多くなりました・・・。

上見の金魚の画像ってけっこう好きです。風情があるというか、なんというか、キレイです。

そんな生きた金魚を用いた現代アート「アートアクアリウム展~神戸・金魚の美~」が神戸大丸http://www.daimaru.co.jp/museum/kobe/artaquarium.htmlでやっていたので見てきました。その展示会で、上見の感覚が育ってきた私の頭はぶっこわされました。

壁掛け水槽、壁から飛び出たボックス型の水槽、巨大な金魚鉢、万華鏡が側面から差し込まれた水槽、屏風の形をした映像を投影するスクリーン型の水槽・・・

Img_2069 Img_2023 Img_2024 Img_2031 Img_2088 Img_2038

展示会場の入口に金魚の説明があり、金魚は妖艶なものであるというような事が書いてあったのですが、会場の照明演出はまさに妖艶1色!!でした。

K.T.

| | コメント (0) | トラックバック (0)